市川市での葬儀の作法について

市川市の葬儀の礼儀作法

市川市の葬儀の礼儀作法の写真

お通夜に何を着ていけばいいのかわからない人もいます。

亡くなった日時によっては、お通夜が亡くなった日に行われることもあり、参列者が準備する時間はほとんどありません。お通夜は18時頃に行われることが多いので、仕事帰りに参加することができるかもしれません。その場合は、色が控えめであまり露出のない無地のドレスを着ても問題ないでしょう。しかし、お通夜には喪服を着るのが一般的なので、喪服の基本的なルールを理解しておきましょう。喪服はスタイルによって「フォーマル喪服」「セミ喪服」「インフォーマル喪服」の3つに分けられます。通常の喪服は最も正装であり、葬儀や告別式、一周忌までの法要などで遺族や主催者が着用します。半喪服は、お通夜や葬儀の際に喪主が着用します。喪服は、愛する人の三回忌や緊急弔問時に着用します。ここでご紹介する喪服の基本的なルールは、一般的にお通夜で着用される半喪服のエチケットに準じます。男性の喪服は、黒のマットなスーツを着るのが基本です。ジャケットは片面でも両面でも構いませんが、パンツは片面でなければなりません。シャツは無地の白とレギュラーカラーで、カラーシャツやボタンダウンシャツは避けましょう。ネクタイは光沢のあるものではなく、黒の無地のものを使用し、くぼみがないようにしてください。ベルトは、バックルや蛇腹が見えないシンプルなデザインの無地の黒ベルトを選びましょう。ソックスは黒の無地です。靴はエナメルやスエードではなく革製で、金具などの装飾はなく、レースアップのデザインのものが望ましい。女性の喪服は、黒くない光沢のある素材のピタッとしたドレスやガウン、パンツスーツを着るのが基本です。着丈は通常、膝が隠れる程度の短めのものが多いです。夏にお通夜に出席する場合は、ブラウスの袖の長さは短めですが、肌を露出しないように四分の五分袖以下にしましょう。30デニール以下の靴下や、透け感のある薄手の黒ストッキングが適しています。ベージュのストッキングの上から黒のストッキングを履いて寒さをしのぎたい場合、厚手のタイツはお通夜には不向きです。パンプスはエナメルではなく、布や革で作られたものが良いでしょう。ハイヒールやサンダルはNGです。冬の寒い時期にお通夜に出席する場合は、上着やセーターを着ていくと良いでしょう。その場合は、シンプルなデザインのものを選び、光沢のある黒の素材を使用しないようにしてください。動物の殺生を連想させる毛皮や毛皮の付いたコートは失礼にあたります。葬儀場に到着したら、コートを脱いでから敷地内に入ります。マフラーや手袋も同様です。ただし、焼香が屋外で行われる場合は、焼香所で焼香しているときだけコートを脱いで、それ以外の時間帯は着用してもよいとされています。アクセサリー、バッグ、ハンカチ、手袋、傘なども検討してみてください。結婚指輪を除いて、一般的にジュエリーは身につけてはいけません。バッグは、光沢のある素材や動物性の皮製品は避けた方が良いでしょう。ハンカチや手袋、傘など、余計なものは身につけないようにしましょう。メイクや髪の毛はナチュラルに。強めの色ではなく、淡い色のメイクにしましょう。髪の毛が長い人は、黒のゴムバンドで髪の毛を結びましょう。ネクタイは耳よりも低い位置にしましょう。