市川市での葬儀の作法について

市川市における葬儀の通夜や告別式とは違う点

市川市における葬儀の通夜や告別式とは違う点の写真

葬儀」という言葉は「喪中」と混同されがちですが、両者は同じものではありません。

葬儀とは、故人や遺族が所属していた宗教や宗派に則り、遺族が故人の魂の鎮魂のために行う祈りの儀式です。一方、告別式は宗教的な儀式ではなく、遺族や親しい人たちが故人に最後の別れを告げる社会的な儀式です。本来、告別式は葬儀後に行われ、埋葬前に喪主全員を墓地まで護送して最後のお別れをします。しかし現在では、葬儀社での葬儀と一緒に行うのが一般的になっています。近親者のみで葬儀を行い、別の日に告別式を行う人もいます。告別式では、以下のようなことが一般的です。 告別式の後、棺は霊柩車で火葬場まで運ばれます。通夜のみの参列者も増えていますが、告別式には原則として誰でも参列することができます。例えば、近年、故人とはあまり面識がなかったとしても、故人へのお世話になっているという気持ちが残っている場合、故人への弔いの気持ちがあれば葬儀に参列することもあります。故人と同居している家族や親族は、通夜から告別式までご遺族と協力する立場なので、もちろん葬儀に参列します。故人と親しくなかった場合でも、可能な限り親族が葬儀に参列します。故人と親しかった友人や会社関係者、役職者など、故人に特別なお世話になった人が参列することができます。直属の上司、部下、雇用主の代表者も可能な限り出席してください。

葬儀 市川市