気      候        「ゆうべ 吹いたね!」「出し風でしょう。すごかったね。」
その1        朝の挨拶にこんな言葉が一年間に何度交わされるでしょうか。
       羅臼といったら “風” が有名ですが、気温や雨量、積雪量の面からみても同じ根室管内の
       根室市や中標津町、また峠を越えた宇登呂などとは大きな違いがあるようです。その違いは
       どれほどで原因は何からきているでしょう。羅臼独特の気候の特徴をさぐってみましょう。

  
  

夏は太平洋から吹きこんでくる湿めった南東風が知床連
山に当たって、羅臼にたくさんの雨をもたらし、西側のウ
トロには乾燥した風と高温をもたらします。
冬は夏とは反対にシベリアからの北西の寒風が高い山々
に当たって羅臼に多量の雪と強風を運んでくるのです。


お や ?

上の図は何か変ですね。日本の気候は季節風の影響が大きく、夏は太平洋側に雨を降らせ、冬は日本海側に雪が多いのが一般的です。そうなると羅臼の冬は雪が余り降らないはずですが、実際にはたくさんの雪が降ります。これは知床半島は日本で唯一つ、オホ−ツク海に突き出た半島であり、そのオホ−ツク海は世界で最も流氷が南下する寒冷な海であり、、その上半島の大きさに比べて山脈が高い
ことなどから、知床半島とその周辺の気候にはかなり大きな地域性があると推測されています。