Top ページ おかみさんからのご挨拶 お部屋のご案内 お料理 お土産 交通アクセス お客様からのコメント
厨房の中 お父さんの部屋 お母さんの部屋 リンク ご予約 羅臼の動物 天気予報
雑記帳 お母さんの奮闘記 身近で出来る温暖化対策 洋上観光

釣り情報 羅臼の地名 羅臼の伝説 羅臼の物語 羅臼の川 羅臼の気象


知床峠は28年11月7日より知床峠は冬季通行止めとなりました。
羅臼〜ウトロ間は根北峠をご利用ください。

土砂崩れの影響で道道87号線の岩見橋〜熊岩(北浜)夜間通行止め
熊岩(北浜)相泊は当分の間終日通行止めに成ります。
詳しくは開発局・・・(0153)72-3213)


 
観光船に乗って会いに行こう!知床羅臼沖海の野生動物!!

ホエールウォッチング・バードウォッチング
羅臼漁港より出航中!


※クジラたちのいる場所はデータで大枠把握しており、
高い確率で会えるよう各社全力を尽くしておりますが、
野生動物なので残念ながら100%の確証はございません。
事前に各社お問い合わせし、アドバイスをもらうとより
良いでしょう!

観光船料金表
        観光を楽しむお客様は  大人料金8,000円  子供4,000円
写真撮影機材の持ち込み一眼レフ、三脚持込は附帯料金 2,000円加算になります。
        我が家に申し込みをなさいますと10%割引になり
        10,000円の所9,000円 
        8,000円の所7,200円になります。

国後から昇る朝日を見てみませんか??とても素晴らしいですよ、朝日の昇る部屋から如何ですか


国後より昇る朝日 国後より昇る朝日
知床・羅臼 −日本に残された最後の大自然
知床連山、国後島を望む



どんな動物に会えるかホエルウォチング 鯨やシャチに会えたら毎日でも会いにいきたくなるよ
羅臼の今一番旬の情報をお届けいたします、今年は流氷接岸が近年では最低になり、動物プランクトンが少ないが鯨類には3月9日に大鷲、尾白鷲の写真を写しに知床半島に行った際に行きも帰りもツチ鯨と遭遇いたしました。
下の写真は昨年平成20年早春の写真ですが、しばし楽しんでください、今年シャチや鯨が姿を現しましたら更新致します。

平成20年早い時期からマッコウクジラが見えたり6.30日には世界でも2番目に大きいナガスクジラが姿を見せザトウクジラ、マッコウクジラ、ツチクジラ、ミンククジラ、シャチ、イシイルカ、など多くの哺乳類がおりますし、バ−ドウオッチャには楽しみのオオストラリアから渡ってくるミズナギトリ、エトピリカに会えたり、アホウドリを確認したり、かもめの類も沢山見ることが出来ます、世界自然遺産の羅臼の自然のフイルドの高さを皆さんに是非見ていただきたいと思っております。
ホエルウォチングH20.6.30の映像 国後をバックに
世界で2番目に大きいナガスクジラ    群れで行動をするシャチ  
ザトウクジラの尾 シャチのスパイホップ
手前はザトウクジラ頭を上げるマッコウクジラ後方 シャチのスパイホップ
ツチクジラの群れ 頭を上げてあたりの様子を見るシャチ
夕日を受けてミズナギトリの給餌風景 シャチ
観光船と比べても大きなシャチ 御腹を見せてジャンプするシャチ
平成21年3月9日知床半島で尾白鷲 平成21年3月9日ツチクジラ
平成17.年2月座礁したシャチの骨格標本H21.2.23より
展示,体重66トン雌で34歳の年齢と分かっている
羅臼ビジタ−センタ−前ヒレに手の形の水かきが有り
平成21年3月9日知床半島で大鷲精悍な目の輝きに
圧倒される。


平成20年6月羅臼の海の豊かさの象徴シャチの群れ大きいな
流氷観光
流氷観光 流氷観光 5月よ11月中旬迄ホエルウオッチング楽しんでみませんか??見える確立非常に高いですよ,シャチのコラボレ−ションがとても人気が有り遭遇した方々は大満足の歓声が一杯です、鯨類は出会うと毎日でも見たいと思うほど魅力が一杯の動物です、どんな出会いが有るのかな・・・・・
観光船に乗って会いに行こう!知床羅臼沖海の野生動物!!
ホエールウォッチング・バードウォッチング
羅臼漁港より出航中!


冬は流氷観光
流氷観光船に乗船することができます。料金は10,000円/2時間。羅臼町観光船乗り場からどうぞ。


オオワシ オジロワシ
オオワシ オジロワシ
国の天然記念物に指定され、シベリアから飛来し冬を越す渡り鳥。
羅臼はその98%までが集まるワシの町としても有名です。
日本全国からたくさんのプロ・アマカメラマンが集まり、連日ワシの写真を撮っています。


マッカウスの洞窟
マッカウスの洞窟 ヒカリゴケ ヒカリゴケ
マッカウスの洞窟に自生しているヒカリゴケ。きわめて珍しいコケで、北海道の天然記念物に指定されています。
マッカウスの洞窟のつらら
冬は氷柱、つららも見ごたえがあります。


しおかぜ公園
しおかぜ公園 冬のしおかぜ公園 漁り火
国後を見ながらの展望はとても良い所です。秋は烏賊釣りの漁り火や朝日の中で魚の水場風景を、冬は流氷を見ることができます。また、市場が近いので船からの荷揚げ、セリ風景も見ることができます。


温泉
熊ノ湯温泉 熊ノ湯温泉 熊ノ湯温泉 熊ノ湯温泉(年間)
千島火山帯の中に有る羅臼は秘湯の宝庫で、熊ノ湯温泉は羅臼川の辺に作られた野趣味溢れる露天風呂、お湯は少々熱めですが、湯質はとても良く、体が温まります。お湯にお入りの際はマナ−を守ってお入り下さい。(入浴料金は無料)
相泊温泉 相泊温泉(夏季のみ)

一度入るとやめられません。
入浴期間は5月後半〜9月上旬迄ですが、その年の天候次第で
変更も有りますので、宿泊の際にお尋ね下さい。日本最東端の秘湯。
 (入浴料金は無料)
セセキ温泉
セセキ温泉(夏季のみ

 海岸を岩で囲っただけの露天風呂。 満潮時には海に埋没する秘湯中の秘湯。 女性は水着が 必要です、入浴期間が短い、管理人さん不在の場合は今期終了の可能性が大きい(入浴料金 は気持ちだけ)
 
 


トレッキング
熊越の滝
熊越の滝
 近場で楽しいコース。初めての方にも最適です。
 昔、熊が滝を越えたことから名づけられました。
羅臼湖
羅臼湖   入り口から羅臼湖まで役3q。  往復役3時間。
 
遊歩道も整備され、、とても良いトレッキングコースです。
 幻の湖、羅臼湖に映る逆さ知西別岳映えて最高、いい汗かきましょう、楽しいですよ!
 天候次第でぬかるむ事が有ります、長靴があったほうが良いでしょう、ぬかるんでい 
ても、歩道の中を歩いてください、回り道をすると植生を傷つけてしまいます。


知床はヒグマの高密度生息域です。              世界自然遺産であり、国立公園です
歩道や山中だけでなく、道路や住宅付近に           動植物や鉱物の採取は禁止です。 
も出没します。
鈴などの対策が出要です。
また、食べ残しを捨てたり、匂いの強い食べ                 ゴミはすべて
物を置いておいたりすると、とても危険です。                 持ち帰ってください。

羅臼岳登山
冬の羅臼岳 冬の羅臼岳 羅臼岳山頂
1,661mの羅臼岳ですが、本州の3,000m級と肩を並べる程、気象の変化が激しい山です。霧や雪埃で断念する登山客も多く、また登山シーズンも短いので山登りファンにはどうしても登りたい山のひとつのようです。
深田久也の「日本百名山」にも名を連ねております。私共の民宿にいらしたお客様では、沢山の方が登頂に成功、更に2名の方には知床岳を登頂し、楽しんで頂きました。
冬山登山にトライなさる方も増えておりますが、気候の変動の激しい当地ですので、天気予報と万全の装備でアタックする
事をお勧めいたします、決して無理をしない事、ガイドさんと同行のこと、食料の確保など万全を期すこと。


釣り
羅臼では投げつり、渓流釣り、船釣りがお楽しみ頂けます。(カラフトマス渡船は6,000円から8、000円、カレイ釣り6,000円、船釣12, 000円でご用意できます。)鱒や山女、岩魚から、大物狙いの方は秋の鮭釣りに一度挑戦してみては如何ですか? カラフトマスを釣りにいらしゃるお客様の中には、女性の方も多く、太公望どころか釣り師と思われるような成果を持ち帰る方も居り、釣りの情報交換が盛んに行われ、今年も楽しい釣りシ−ズンが訪れ様と
して居ります。


『遊漁船料金』

19トン船(定員12名) 「釣り」
前浜 一人6,000 円 相乗り5名以上
知床岬 一人12,000円 相乗り8名以上
知床岬 一人10,000円 相乗り6名以上
乗船名 一人10,000円 朝枝U
「貸切」
前浜
知床岬
取材
  30,000
  100,000
 120,000
3時間
10時間
1日
*釣具・餌用意の場合3,000円加算されます。
*ご希望の方船中にて昼食をご用意できます。
   料理代 1,500円(ご飯、汁、刺身その他


船外機(定員5〜8名) 「釣り」
前浜 一人6,000 相乗り3名以上
「貸切」
前浜(釣り) 20,000 3時間
報道・取材 50,000 1〜5 時間までの料金1時間超5,000増
貸し釣具(主にカレィ釣り)  竿   1,000 
(仕掛け、餌は別売り) 


「瀬渡し料金:往復」
モイルス  6,000
ペキン   7,000
クズレ滝  8,000
二本滝   8,000
赤岩    8,000
場所地図へ

6月〜9月  
カレイ、ソイ、メバル、ホッケ、タラ
8月〜10月 
イカ、マス、サケ、ホッケ、ソイ


お申し込み時に半金頂きます。
キャンセル可能は3日前です。
それ以後はお預かりしたお金はお返しいたしません。

振込み先 大地みらい信用金庫
口座番号 普通1046616
羅臼遊漁釣り部会 西村順一 
事務局・広報担当 知床倶楽部 石見公夫
01538-7-5019 (携)090-6872-5019
E-mail:theRAUSU@aurens.or.jp


羅臼遊魚船自主ル-ル

1.一営業は最大12時間以内
 (例えば3:00時出航の場合15:00時入航)
2.釣魚量はク−ラ−ボックス1個以内
3.ゴミは捨てない、必ずもって帰る
4.渡船による沿岸河口部ノサケ・マス釣りについてはマ ス10匹、サけ5本いないとする。期限は最長9月末日  までとする。
5.渡船場所はモイレウシ湾、ペキンの鼻、崩れ滝、二本 滝の4箇所とする。
6.入山者の動向に気を配り万一のときの救助体制に備  える。
7.渡船に乗船の場合靴底の泥をおとす。
8.釣り場から離れて、歩きまわらない。
9.カヤック、レジャ−ボ−トとの接触事故を起こさぬよう  気をつける。
10.禁酒のこと


会員の皆様へ
小型兼用船について
(施行規則1条、13条)
漁船法による漁船登録を有する船舶で、漁ろうと遊漁のみを行う総トン数20トン未満の船舶を「小型遊漁兼用船」といい、遊漁船を行うときと漁ろうを行うときとの法の適用を使い分けていました。従来の「小型遊漁兼用船」は、漁ろうと兼用できる用途が遊漁船に限られていましたが平成14年4月1日より「小型遊漁兼用船」の名称を「小型兼用船」に改め、遊漁に限らずあらゆる用途、、例えば調査、作業船、ダイビングボ−ト、ホエ−ルウオッチング、漁業体験学習船、海上タクシ−、交通船などとして兼用できることになりました。したがって、小型兼用船の検査証書には漁ろうを行い場合と漁ろう以外の事を行う場合の「航行区域」と「最大搭載人員」が併記されており、小型兼用船は漁ろうと、漁ろう以外の作業船、交通船、周遊、鯨ウオッチングなどの行為ができることとなりました。なお、用途が「小型遊漁兼用船」のままでは従来とおりの漁ろうと遊漁のみしかできません、検査証書の書き換えが必要となります。

法定備品の備え付け義務
小型船舶には、船舶安全法第二条により居住・排水・係船・救命・無線設備・消防設備・航海用具などの諸設備・法定備品の備え付けが義務づけられています。小型船舶の法定備品は小安息、小漁則により定められております。

日本小型船舶検査機構札幌支部
011-837-1103 FX 011-837-1103
日本小型船舶検査機構

佑幸丸(9.7トン) 森 雅祐
大輝丸 石村 崇
第18長運丸(船外機) HK3-123656定員7名瀬渡し
斉藤岩美 
野田 克也 
湊屋 稔








民宿 本間羅臼町海岸町53番地 TEL 0153-89-2309 FAX 0153-89-2121
 shiretoko-rausu@minsyuku-honnma.jp