市川市での葬儀の作法について

市川市の葬儀の特徴

市川市の葬儀の特徴の写真

葬儀の形態としては、以下のようなものがあります。

直葬とは、通夜や告別式を行わずに故人を埋葬して火葬する葬儀のことです。このタイプの埋葬は、費用が安く、遺族や親族など限られた人数で行う傾向があるというメリットがあります。直葬の費用は20万~30万円程度です。必要な物品やサービスが含まれていない場合は、10万円程度で提供されることもあります。経済的な理由で選ばれることが多いです。高齢化や核家族化で簡易埋葬の需要が高まっていることも要因の一つかもしれません。最低でも正装をして、黒のスーツを着て、24時間静かに体を休める場所を確保しておきましょう。香典をいただいた場合は、返礼品も用意しておきましょう。一日葬とは、通夜・告別式を1日で行う葬儀のことです。お通夜と告別式を別々に行い、2日間で行うのが一般的な形ですが、1日葬は全て1日で行うことができます。通常の2日間の葬儀ではなく、1日だけの葬儀にすることで費用を抑えられるので、コスト面でのメリットは大きいです。しかし、前日に準備しておくと、通常の葬儀の形と同じように2日間の費用が必要になります。通常の葬儀形式の短縮版であるため、家族の負担を軽減しつつ、故人との時間を大切にしたい方に好まれています。経済的にも精神的にも通常のスケジュールを守れない方におすすめです。また、遠路はるばる来た人の負担を軽減してくれるのも嬉しいポイントです。事前に親戚や周りの人の理解を得ることが大切です。家族死別とは、遺族や親族、故人に近い関係者だけで行う小規模な葬儀のことです。セット形式はありませんが、故人の希望を葬儀に反映させることができるのが特徴です。参列者数は最大で30名程度で、通常の葬儀と同様に神父さんを招いて参列することが多いです。家族葬の全国平均費用は約91万円と言われています。飲食や返礼品の費用は約18万円で、葬儀全体の費用は約130万円です。葬儀を執り行うために牧師を雇う場合は、追加で寄付金を支払う必要があります。故人と静かな時間を過ごしたいという理由で家族葬を選択する人が多いです。故人の意向に沿った家族葬でないと、故人の知人や仕事関係者からの苦情が出る可能性があることを頭に入れておきましょう。密葬とは、誰も参列せず、親しい家族だけを招待して行う葬儀のことです。通常は、人生の中で大きな成果を上げた人を表すときに使われます。本葬との合同葬は、通常よりも費用が高くなるケースが多いです。本葬の前に、故人の近親者だけに別れを告げることもあります。本葬に参列する人が多い場合に便利です。コミュニケーションが不足していると、近親者しか出席できないため、問題が発生する可能性があります。近親者の承認を得ることを忘れないようにしましょう。また、遺族がお参りに行かないように、弔問や香典は不要であることを伝えましょう。無制限葬とは、特定の宗派にとらわれない自由な葬儀のことです。故人の希望があれば、聖句は読まれず、説教もされません。日本人の約8割が無宗教と言われていますので、時代に合った葬儀です。決まったルールがないため、費用は様々ですが、一般的には他の葬儀に比べて安いと言われています。宗教に興味がない人や、自分の葬儀をしたい人に人気があります。計画構造から故人の利益を反映した葬儀を作る自由があるからです。無料とはいえ、それなりの礼儀が必要です。招待状を送る際には、故人が亡くなったという事実と、葬儀の日時や場所を簡潔に記載しましょう。